So-net無料ブログ作成

こころの音176

ある婦人がいました。

彼女は優秀な女性で、
「私ほど、親孝行してきた人は、いない!」
と自負(じふ)していた。

そんな彼女の母親が倒(たお)れ、
介護(かいご)が必要になった。

親孝行な彼女は、
献身(けんしん)的に介護に、
取り組んでいった。

けれど、日々の介護の中で、
精神的にも肉体的にも、
疲(つか)れてきて、
今まで、
「これほど親孝行をしてきた人は、いない!」
と自負してきた自分に、
親に対して、
醜(みにく)い心、
「死んでくれればいいのに・・」とか、
すさんだ心が、
出てくるのを感じた。


そんな中、
自分を見失(みうしな)わないために、
毎日の犬の散歩だけは、
続けようと思っていた。

そして、ある時、
犬の散歩をしているとき、
聖教新聞(せいきょうしんぶん)が、
「ご自由に、お取りください!」
と書いて、
カゴに入って
置(お)いてあるのを見つけた。

どんなことが、書いてあるんだろうと、
ふと、思い、
手にして読んでみた。

最初、目に付(つ)いたのは、
一面に出ている、
世界中の創価学会(そうかがっかい)の人たちの
笑顔あふれる写真だった。

「なんて!清々(すがすが)しい笑顔なんだろう・・!」

と思い、
他の記事なども、
読んでみたりした。


そこには、
希望あふれる言葉が、
満(み)ちていた。

そこには、
日々の介護の中で、
自分のすさんでいく心を、
取り戻(もど)してくれるものが、
あった・・!

とくに、
池田先生(創価学会インターナショナル会長)の
メッセージや随筆(ずいひつ)の中には、
自分を勇気づけ、
励(はげ)ましてくれる言葉が、
あふれていた。

そして、
「ご自由に、お読みください!」
と書かれて置いてある聖教新聞を、
読むのが日課(にっか)になっていった。


犬を散歩させるためというより、
聖教新聞を読むために、
外に出るようになった。


そして、自分も創価学会に入りたい!
と思うようになり、
とうとう、その外の壁(かべ)に
聖教新聞が置いてある家のドアをたたき、
自分から、
創価学会に入った!!


・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

聖教新聞には、
創価学会には、
乾(かわ)いた心を、
うるおしてくれるものが、ある!!

さまざまな苦難の中、
すさんでいく心を、
取り戻(もど)してくれるものが、
ある!

それは、
自分の生命を蘇生(そせい)させる!
ということです。

自分の人生に、
希望を呼(よ)び戻(もど)し、
幸せにしていける力(ちから)がある!!!
ということです。


生命を蘇生(そせい)させる・・・。


それが、どれだけ、
スゴイことか!!

それが、どれだけ、
大切なことか!!

それが、どれだけ、
必要とされているか・・。


人は、蘇生を求めている。

こころの蘇生・・、
生命の蘇生・・、
希望の蘇生・・、
人生の蘇生・・、

そして、幸せの蘇生・・!!

それをもたらす場所が、
創価学会だということです。


また、創価学会がもたらすものは、
単なる癒(いや)しというよりも、
人生に挑戦し、
勝っていける、
根底(こんてい)のエネルギーとなるものです。

どんな苦難があったとしても、
負けない、
どんな試練(しれん)も乗り越(こ)え、
勝って、
幸せをつかんでいけるものです。

それは、
最高の歓喜(かんき)となって、
その人の生命と人生を、
飾(かざ)っていく。

そして、これ以上ない、
満足と幸せとなって、
その人を、笑顔でつつんでいく。

だから、今日、紹介した婦人が、
聖教新聞を見たときに、
「なんて!清々(すがすが)しい笑顔なんだろう・・!」
と思うような笑顔になっていく。



だれでも、苦難や悩みが、
ないわけではない。

また、大きな壁(かべ)に、
夢や希望が打ち砕(くだ)かれるような
思いをすることもあるでしょう。

けれど、その、
どうしても解決しなかった悩みや問題を、
解決していける力(ちから)が、
創価学会の仏法(ぶっぽう)の信仰にはあり、
また、壁(かべ)のように思える夢や希望も、
かなえていける、大きな大きな力が、
創価学会の、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法の信仰には、ある!!
ということです。

だから、明るいんです。
だから、希望があるんです。
だから、清々しい笑顔が、できんるんです。


創価学会は、
希望と幸せのオアシスなんです!!
また、現実に、
人生と生命を、幸せにしていける、
これ以上のオアシスは、ないでしょう!


今日、紹介した婦人は、
その希望と幸せのオアシスに
魅了(みりょう)されて、
創価学会に入ったんだと思う。


そして、それが、
創価学会が実践(じっせん)する、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰であり、
創価学会という、
真実の幸せに向かって、
まっすぐに進んでいける場所であり、
また、その紙面が、
聖教新聞には、あるということです・・。


・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こころの音175

以前、
ある創価学会(そうかがっかい)の
壮年の方が、
体験を話してくれました。

その壮年の方は、
知恵(ちえ)おくれの子として
生まれてきたそうです。

学校に行くことになり、
親は、その子を、
普通のクラスに入れるか、
特別クラスに入れるか、
悩んだそうです。

そして、普通のクラスに
入れることにしたそうです。

その子は、
当然、授業を受けても、
まったくわからない。

通信簿(つうしんぼ)は、
オール1だったそうです。

そんな親も創価学会員だったんですが、
創価学会の信心、創価学会の活動も、
熱心に取り組んだそうです。

そして、その親は、
その知恵おくれの子供に、
毎日
創価学会が行っている信仰の基本である、
『勤行(ごんぎょう)』だけは、
強制的(きょうせいてき)にやらせたそうです。

勤行(ごんぎょう)というのは、
釈尊(しゃくそん/しゃか/ブッダ)の
法華経(ほけきょう)の一部分を、音読します。
だいたい、3分から5分くらいかかりますが、
その後、好きなだけ
南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)を、
繰(く)り返し繰り返し、となえます。

それをまとめて「勤行」といいます。


その子供は、
いやだったけれど、
親に強制させられながら、
毎日、勤行を続けたそうです。

そうしていたら、
2年になったら、
通信簿が、
オール2になったそうです。

そして、3年になったら、
通信簿に、
3が並(なら)ぶようになり、
4年になったら、
4がとれるようになり、
6年の時は、
オール5になったそうです。


そして、なかなか入れない
創価大学に入学していった!
という話しでした。



自分も創価学会に入り、
創価学会が実践(じっせん)する、
南無妙法蓮華経をとなえる
仏法(ぶっぽう)のすごさは、
わかっているつもりですが、
こういう話しを聞くと、
一段(いちだん)と、
創価学会の、
南無妙法蓮華経の仏法のスゴサを、
改(あらた)めて
実感(じっかん)する思いがしました。

このようなドラマが、
世界中いたるところで、起(おこ)っているのが、
創価学会の
南無妙法蓮華経をとなえる
仏法(ぶっぽう)の信仰なんだと思う。


そう思うと、
この創価学会の
南無妙法蓮華経の仏法が、
どれだけの人を
幸せにしてきたことか!
どれだけの人々の
不幸を救(すく)ってきたか・・!
どれだけの人々の
悩みを解決してきたか・・!
どれだけの人の夢や希望を
かなえる大きな力になってきたか・・!

それは、それこそ、
計(はか)り知れないと思う。

また、そのことによって、
地域や社会、世界を、
どけだけ、幸福にし、
平和に貢献(こうけん)してきたか、
計り知れないと思う。


別に、棚(たな)からぼた餅(もち)のようなことを
言うつもりは、ありませんが、
創価学会の南無妙法蓮華経をとなえる
仏法の信仰には、
現実に、
人間の中から
無限の可能性を開く力(ちから)がある!
ということです。

日々、南無妙法蓮華経をとなえて、
自分の可能性に挑戦していった時、
時とともに、それは、
思いもよらない素晴(すば)らしい結果として、
花開いていくと、
いうことだと思う。


・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

人は、時として、
さまざまな境遇(きょうぐう)や環境(かんきょう)、
自分に降(ふ)りかかってきた、
さまざまな不幸や試練(しれん)、
困難に打ちのめされ、
絶望(ぜつぼう)したり、
あきらめてしまうようなことも、
あるかもしれない。

けれど、
人間の可能性は、
計り知れない。

そして、その可能性を開花していける力(ちから)が、
創価学会の
南無妙法蓮華経の仏法には、
ある!!

それが、
どんな困難(こんなん)な壁(かべ)であろうとも、
どんな宿命(しゅくめい)であろうとも、
その宿命すら、
打ち破っていく力が、
創価学会の
南無妙法蓮華経の仏法には、ある!

だから、世界中の創価学会の人たちが、
どんな困難な壁であろうと、
その宿命がどんなものであろうとも、
それを打ち破り、乗り越(こ)えて、
勝利と幸せを、
勝ち取っている。


それは、
現実に起った事実であり、
現実の明らかな証拠(しょうこ)です。


この証拠だけは、
だれ人も、くつがえすことができない。

だから、創価学会は、
広がり続け、
世界192カ国に広がっている。


今日、話した、
壮年の方のような体験を聞くと、
勇気がでる。
自分も、まだまだ、がんばれる!
まだまだ、
無限の可能性を、
開いていこう!と・・・。


その人間の持つ、
無限の可能性を、
どこまでも、どこまでも、
開いていける、
現実的で、
決定的な方法が、
創価学会が実践している、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だと、いうことです・・・!


・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る