So-net無料ブログ作成
検索選択

こころの音189

「裸の王様」の物語は、
皆さん、
知っていると思います。

裸(はだか)の王様は、
アンデルセン童話です。


ある、おしゃれ好きな王様に、
詐欺師(さぎし)の仕立(した)て屋が
「バカには見えない布地」で
服を作ります。

自分が馬鹿者(ばかもの)だと思われたくない
家来(けらい)や王様たちは、
あるはずもない服を
称賛(しょうさん)します。

王様は、その服を着て
パレードに出かけますが、
やはり、バカだとは思われたくないので、
誰一人(だれひとり)『見えない』とは
言えません。

そんな中、
子ども

『王様は裸だ!』

と真実を言います。

これで我(われ)に返った観衆も
一転(いってん)して、

『そうだ、王様は裸だ。』

と言い出します。

そして、ついに一人残らず、
王様は裸だと、さけぶようになります。

王さまは大弱(おおよわ)り。
王さまだってみんなの言うことが
正しいと思ったからです。
でも、
「いまさら行進パレードを
やめるわけにはいかない。」
と思ったので、
そのまま、今まで以上に
もったいぶって、
パレードを続けたという話しです。



これは、人間がよく陥(おちい)りやすい、
感情の風刺(ふうし)だと思いますが、
探(さが)せは、似(に)たようなことが
世の中には、あると思います。


たとえば、
日本にはびこっている、
さまざまな宗教・・。

それは、葬式仏教(そうしきぶっきょう)や
観光宗教、神社信仰などですが、
それらは、だれも
本当に力や効力(こうりょく)、
ご利益(ごりやく)があるとは思っていないけれど、
かといって、
だれも言わない。

表面上は、いかにも、
ご利益や効力があるように、
もてはやす。

あそこは、何々にご利益(りやく)がある。
あそこはなんとかにご利益がある
とかいっても、
現実には、
確証的(かくしょうてき)なものは、
なにひとつない・・!


だれも「王様は裸だ!」
と言わないように、
ただ、なんとなく、
あがめたて、もてそやす。
そして、
「きっといい事があるに違(ちが)いない」
とか言って、 祈ったところで、
そんなことは、まず、起らない・・。

宗教の虚構(きょこう)が
通常(つうじょう)となり、
それこそ、王様が
裸で町をねり歩くような行為(こうい)が、
まかり通ってしまう。


それが、世間一般的な宗教だと思う。


ところが、子供が、
『王様は裸だ!』
と言ったように、
唯一(ゆいいつ)、真実を言ったのが、
創価学会(そうかがっかい)の人たちです。


「それらの宗教は、間違(まちが)っている。
そんな宗教に祈ったところで、
幸せになどならない。

返(かえ)って、でたらめな宗教に
祈るということは、
自分の生命と人生に害(がい)をもたらし、
不幸になる原因(げんいん)になってしまう!」


そう、はっきりと明言(めいげん)したのが、
創価学会の人たちだと言えます。

事実、その通りです。

それらの葬式仏教や神社信仰、
観光宗教などは、
明(あき)らかに間違っているがゆえに、
その間違った宗教に祈るということは、
自分の生命と人生を、
その間違ったデタラメの宗教に、
ささげることになる。

間違ったデタラメの宗教に
自分の生命と人生をささげていけば、
当然(とうぜん)、自分の生命と人生は、
間違ったデタラメなものになっていく。

自分の生命と人生が、
間違ったデタラメなものになっていったならば、
その結果として、
さまざまな不幸が、もたらされてしまう。

だから、真剣に祈れば祈るほど、
逆(ぎゃく)に、不幸になる原因がつくられていき、
その人の人生に、
大きな害をもたらしてしまう。


それが、真実だと言えます。



不幸の根源(こんげん)には、
間違った宗教がある!ということです。



・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

そして、それとは逆に、
間違いのない、
人々に幸せをもたらしていける、
真実の宗教が、
創価学会が実践(じっせん)している、
南無妙法蓮華経をとなえる、
仏法(ぶっぽう)の信仰だということです。

それが正しい証拠(しょうこ)として、
創価学会は、どんどん発展し、
世界192カ国に広がっている。
そして、その創価学会の
南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)の
仏法(ぶっぽう)を実践した、
世界中の人たちを
現実に幸せにしている。

それは、
ひとりひとりの悩みを
解決した結果であり、
ひとりひとりの夢や希望を
実現(じつげん)していけた結果であり、
ひとりひとりが現実に
『幸せになった!』
という結果として、
創価学会は世界中に広まっている。


あたかも、それは・・、
童話(どうわ)・裸の王様で、
子供が
『王様は裸だ!』
と叫(さけ)んだあと、
みんなが、
『そうだ、王様は裸だ!』
と言い、
最後は、すべての人が
『王様は裸だ!』
と言ったように、
ひとりの勇気の声が、
まわりに広がり、
世界に広がり、
その真実の証明(しょうめい)として、
これからも、創価学会は、
広がり続けていくことでしょう・・・!


・・・・・・・・・・・・・こころ(音がないから、音を探して)・・・・・・・・・・・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る